辛いナプキンかぶれの解消は通気性が重要です

女の人

布の通気性

お尻

ナプキンかぶれに効果を発揮する布ナプキン。布には隙間があり、通気性が高いというポイントがあります。コットンやリネン、ネルやパイル生地など、吸湿性と通気性を備えた肌触りの良いものを選びましょう

Read

ムレが悪い環境を作る

頭を押さえる人

生理期間の辛いかぶれ。ただでさえブルーなのに、毎回かぶれてかゆいのは辛いことです。辛いかぶれを解消するポイントは、ずばりナプキンの通気性が重要なのです。赤ちゃんのオムツかぶれと一緒で、かぶれ対策は通気性の高いものを選ぶ必要があります。紙ナプキンでかぶれる人の多くは、ムレの問題も同時に抱えています。実はこのムレが、生理期間中のデリケートゾーントラブルにおいて、諸悪の根源なのです。通気性の高い布ナプキンへチェンジすることで、このデリケートゾーントラブルから脱出することができます。紙ナプキンはあまり通気性が良くありません。なぜかというと、下着に染みないようにしっかりビニールシートでガードされており、さらにその中には吸水ポリマーで汗の逃げ場がないのです。この紙ナプキンによるムレは、吸収した経血と汗にさらに湿度を加えて、雑菌が増えるのにちょうど良い環境を作ってしまいます。雑菌が増えると、餌となる血や汗、皮脂などを分解し醗酵させてしまいます。醗酵、酸化や腐敗と言い方は違っても基本的には菌による分解作業です。分解されたものからは異臭が発生します。生理用品を変えようと下着を下ろしたら、すごい血生臭さに「うっ」となった経験がある人もいるでしょう。この臭いも雑菌によるものなのです。通常、血は元々ほとんど臭いがしません。しかし、酸化すると生臭い異臭がします。この雑菌が繁殖して皮膚につくとかぶれを引き起こすので、通気性はかぶれトラブル持ちの人にとって早急に解決する必要があるポイントなのです。

衛生的に保つ重要性

水着の女性

ナプキンかぶれは雑菌と摩擦、ムレが影響します。摩擦や不衛生がかぶれを症状を悪化させます。こまめに交換したり、通気性の高いナプキンに変えたり工夫して衛生的に保ちましょう。

Read

解決のポイント

女性

ナプキンかぶれの早期解消には、通気性や衛生的に保つのが重要です。ポイントを抑えて実践することで、ナプキンかぶれを解決しましょう。ブルーデーでも、快適に過ごせるよう日頃のケアも重要です。

Read