辛いナプキンかぶれの解消は通気性が重要です

レディー

衛生的に保つ重要性

水着の女性

ナプキンでのかぶれは雑菌と摩擦、ムレが大きな原因です。特にムレは摩擦と雑菌の影響を引き上げてしまうので早急に対策をするのが一番です。ナプキン内がムレ、水分が肌についているとそこで雑菌繁殖や、水でふやけた肌が摩擦でダメージを受けます。水で表面がふやけることで、垢や皮脂が削り落としやすくなるように、皮膚の表面を摩擦して皮膚に細かい傷がつきます。ナプキン内で増殖した雑菌が傷から侵入して、肌を刺激するのです。肌は防御反応でかぶれを引き起こします。これを避けるには通気性を上げてナプキン内のムレを解消することが必要です。そして、雑菌の繁殖を防がなければなりません。紙ナプキンだけが一気に雑菌が繁殖するのかというと、ムレによる湿度が少なければ繁殖の活発化は抑えられるので、使い方次第でもあります。ナプキンを長時間つけっぱなしにするのはNGです。紙ナプキンなら最低でも2時間ごと、布ナプキンは通気性が高いので3時間ごとの交換目安になっています。紙ナプキンでは、それよりも短いスパンでムレる前に張り替えていけば、ある程度の雑菌の繁殖は避けられるでしょう。かぶれも軽減するはずです。しかし、30分ごと交換とか、ムレやすい服装や時期のときにムレる前に交換は中々に難しいものです。それなら通気性が高い布ナプキンを取り入れるのが良いでしょう。かぶれは衛生的に患部を保つことで軽減できるので、衛生管理をしっかりするのが難しいなら、利用しているアイテムから変える方が簡単です。